海洋空間ドーベルマン日誌


2021年4月10日時点
空水 - そらみ
・ドーベルマン ♀ 2018.1.20 生
 設備
・サークル…アルミ製 W2400×D1250×H1200
・クレート…バリケンネル P-500(リヴィングルーム)、アトラス カー 100(車載)・ビスコ スタイルマット(700×500×70)
・ベッド…ゲルベッド コンパクトスタイル(1200×800×160)、ヨギボー ズーラミニ
・トイレトレイ…クリアレット ラージ、クリアレット2 ラージ
・餌&水皿…TRIXIE ドッグバー 1.8L
 餌
鹿肉、豚肉、鹿の匠 丹波(各種)、フルーツ・野菜(各種)、ヨーグルト、カイマタ(サーモン・バウンティ、グラスフェッド・ヴェニソン、サーモン・バイツ)、
サンデーペッツ ジェントルベイクグレインフリー(ワイルドホキ、キングサーモン)、サーモンオイル、シェイカー PUR缶詰(チキン及びターキー除く各種)、
プレイアーデン(ジーベン デリカテッセン チキン及びターキー除く各種、ドイツ鱒) など

次の月
前の月


2021年4月10日(土)
ヒート終了
恐ろしいぐらいの食欲とともに、好調を維持。
そして陰部からの出血も完全に止まり、ヒート期間はすべて終了したっぽい。

出たウナギイヌモード

2021年4月6日(火)
ジェイズヒルガーデンへ顔見せに
未明の2時40分頃、急に起き出して部屋の外に行き、ワンワンワンと吠える。
その後、2階にタタタと上がり、デッキテラスに出せと要求、出すと下の道路の辺りを見ながら再び吠えたりウ〜と唸ったり。
するとガサゴソと蠢く音が聞こえ始めて、親子のイノシシが4頭ほど駆けていった。
さすが、気配を感じ取るんだな。

門番犬?

ムートン&ロンとジェイズヒルガーデンオッキニに行き、元気な姿を見せてきた。
引き続きテンション高く、喰いっ放しの遊びっ放しで本当にハイパーだった。

久々にムートン&ロンと揃い踏み

後ろの方では小型犬たちの撮影会

佇む

Yちゃんにかわいがってもらう

鹿のスペアリブをもらった

帰り際もはしゃぐ

一旦帰宅した後、ネクスト動物医療センターへ連日になるが赴き、最近食後に見せる、喉を気にする素振りが頭に引っ掛かっていたので、診てもらってきた。
結論としては、心配していた転移などは今のところ考えられず、薬の作用によって吐き気を感じているか、気管支炎の初期のものかも、とのこと。
取り越し苦労であることを確認しにいったようなものだが、杞憂に終わって一安心。
観察と警戒は以後も怠りなく。
そして体重は29.9kgと、ちょっと激増と言っていいレヴェル…こちらも警戒しとかないと。

2021年4月5日(月)
元気過ぎ
病院の日。
エコーの結果、腫瘍はほんの少し小さくなってるかな、という所見。
体重は29.4kgと、最近の食欲を反映した数字になっている。
例え腫瘍が消失せずとも、しっかり食べられて体重が増えているというのはそれに負けていないという証左だし、体の中で上手く飼い馴らして元気な状態がキープできていれば、何の問題もない。
先週の通院時以降、病発覚以前よりも元気なんちゃうかというぐらいの快調さで、それを受けて今日はL-アスパラギナーゼの投与とステロイドの処方。
次は2週間後。

今日も元気に診察室で

散歩時を中心に、ドライフードのジェントルベイクを相当量喰い、家では鹿肉を中心にモリモリと。
週末はそらみの顔を見にきた母、義母、妹夫妻と遊んでもらったり。
そして今日の午後も、カークスショールームの後、さらにお友達と北山ダムまで歩き走り、病院でなんか別の薬打たれたんちゃうか…というぐらいにエネルギーが漲っていた。
ムートン&ロンは、そらみの元気な姿を目にして最近ではありえないほどテンションが上っていたようで、飼い主さんともども喜んでくれた。

妹の夫と初対面

集合写真

病院から帰宅後もすこぶる元気

いつもの面々と

北山ダムで皆と

久々にマロンとも

2021年4月1日(木)
手間とコストは掛かっても
絶好の日和、午前は遊びにきてくれたオードリーと一緒にのんびり北山ダムまで花見散歩。
午後は町を歩いてからこたろうの庭にお邪魔して、他のお友達も一緒にドッグラン状態。

北山ダムの四阿で

奥の桜スポットで

枝垂桜のところで

銘碑の前で一休み

午後の散歩に出発

Kさんとこの子か

こたろうを飛越

クレージュ、ブラン、マロンのチベタンテリアチームも

マノラもやってきてまさにドッグラン状態

体調は引き続き良好で、食餌の量も充分。
メインは今や鹿肉だが、肉やら骨やらフルーツやらイモやらヨーグルトやら、できるだけ加工されていない生の食材に近いものを主食として与えるようになってから、色々と上向いたようにも感じる。
やはりドッグフードはいくら良い材料を使い製法に拘っても、肉と野菜・フルーツには敵わない…そらみは今、体が本当に必要とするものを自然と欲し、食べているのだと思う。





戻る

表紙