海洋空間ドーベルマン日誌


2019年11月16日時点
空水 - そらみ
・ドーベルマン ♀ 2018.1.20 生
 設備
・サークル…アルミ製 W2400×D1250×H1200
・クレート…バリケンネル P-500(サークルとリヴィングに各1個)、アトラス カー 100(車載)
・マット…ビスコ スタイルマット など
・トイレトレイ…クリアレット ラージ
・餌&水皿…TRIXIE ドッグバー 1.8L
 餌
・主食…フレッシュファクトリー 丹波産鹿肉ドッグフード、ナチュラリーフレッシュ(各種)、ロータス(各種)、
     K9ナチュラル フリーズドライ(各種)、シェイカー PUR缶詰(各種)、プレイアーデン ジーベン デリカテッセン(各種)
・副食…鹿の匠 丹波(各種)、フィールドエイト(各種)、シェイカー PURドッグトレイナーズ(各種)、ニューヨークボンボーン(各種)、
     バランスドライフ トリーツ(各種)、フルーツ・野菜(各種) など

次の月
前の月


2019年11月16日(土)
検査結果
先週受けた検査の結果を聞いてきた。
結論は、無症候拡張型心筋症の疑い、という診断であった。
レントゲンで見るとCTRが70%(正常値 〜60%)と若干心臓が大きめで、エコーのLA/Aoも1.28(正常値 〜1.2)と同様の所見。
さらにエコーのEFが49.13%(正常値 55%以上)、FSが24.5%(正常値 33〜44%)と、収縮率も薬を飲んでいた時よりやはり下がっている。
とは言ってもすぐに継続的な投薬が必要とかいう段階ではないようで、次は2か月後にもう1度検査をして、今度はずっと高くて気になっているCPRや血液中のタンパク、赤血球なども調べる方針。
また、6月にそらみが倒れて入院したのは、心筋症からくる肺水腫とはまた違うのではないか、という驚きの見解が今回は示された。
肺のレントゲン画像や前後の様子等々から鑑みるに、誤嚥性肺炎か何かだったかも、と。
確かに入院時、南が丘の先生も最後までは肺炎か肺水腫かで診断を迷われていたし、今回の説明を聞くとなるほどとも思う。
いずれにせよ、心臓と上手く付き合いながらできるだけ長く、楽しく暮らしていこう、そらみよ。

ソファに座って大あくび

T邸の庭で大はしゃぎ

北山ダムの桜はきれいに紅葉

2019年11月14日(木)
何気に一緒に山は初めてかな
今夕はオリーブ&ライムと山へ。
さすがそらみのワルワル師匠の姉さんたち、もう想像以上のハチャメチャぶりで参ったぞ(笑)。
本犬たちは誠に楽しそうであった。

珍道中の巻

帰り際は川でジャブジャブ

2019年11月10日(日)
碧坊ちゃんのお披露目会
今日は煌の弟としてハーツインパクトから新しくやってきた碧のお披露目会に参加してきた。
生後2か月弱のパピー、かわい過ぎる…。
煌もそうだが、碧はそらみと母親が同じなので半弟でもある。
近畿・東海一円からドーベルマンを中心に総勢33頭が米原に集まったようで、なかなかの壮観であった。
そらみの血縁にも新たに出会えた。
ご一緒いただいた皆さま、そして会を仕切ってくださったT家、どうもありがとうございました!

反則級のかわいさ

「碧! 姉ちゃんだよ」

全員集合写真

2019年11月9日(土)
掛かりつけの病院で心臓の検査
ご近所の犬友さんがそらみのアップリケ付きの散歩バッグを作ってくれた。
裏には仲良しの友達とのワンプロ風景が。
これは嬉しいなー、ありがとうございました!

ファンキーなそらみ

さくらとワンプロ

今日の午後は掛かりつけのクーパー動物病院で改めて心臓の検査。
結果は後日。

今日もいい子でした

せっかく夙川まで出てきたので川沿いを散歩してきた。
ちょうど夕刻の適時で、行き交う犬の数がものすごかった。
いつもと違う匂いに満ちているためだろう、そらみのテンションが高く、かなりのペースで苦楽園口〜夙川を往復したぞ…。

夙川を散歩

2019年11月6日(水)
しまホイ
体重は27.9kgだが、全体的にタイトなフォルムで、骨格がまたちょっと成長したような節があるので、若干食餌を増量。
母親のピンクダイヤモンドが33kgだし、最終的には30kgぐらいいくのかな?

"しまホイ"に包まる

寝た

3連休最終日は、噂の"しまホイ"=ロールクッションをようやくゲットしてから(早速お気に入りの様子)、中1日で"お山"へ。
この日は近所のムートン&ロンと一緒に行き、またヨーロピアンのバルダー&レオ始めヴィジターも多くて、賑やかに楽しく遊んできた。
もちろん、自分を犬だと思っているらしいブタも一緒にフィールドを走り回って!

レディちゃんとワンプロ

Nさんの前でビシッ

水を飲むブタ

イグアナもおる

2019年11月2日(土)
秋晴れの"お山"
昨日、月イチのイベルメックを喰わせたせいか、ウンチは緩い。

雲一つない青空

3連休初日にして秋晴れの行楽日和、めでたく16周年を迎えた"お山"へ遊びに行ってきた。
初めましてのラブくんやおなじみの子らにお山の子ら、さらには新入りのミニブタも一緒になって走り回り、そらみも人間も心地よい疲れに包まれて帰ってきた。

いきなりニワトリのお出迎え

アーロを正面から

ビスくんと

なんつー人懐こいブタや

ミニブタが走り回る不思議なドッグラン

モンチと、向こうには転がるアッフェ

パンツも出てきた

しかしニワトリやネコやブタがフィールドを普通に駆け巡るドッグランは日本中探してもなかなかないだろう…。





戻る

表紙