海洋空間ドーベルマン日誌


2020年2月23日時点
空水 - そらみ
・ドーベルマン ♀ 2018.1.20 生
 設備
・サークル…アルミ製 W2400×D1250×H1200
・クレート…バリケンネル P-500(サークルとリヴィングに各1個)、アトラス カー 100(車載)
・マット…ビスコ スタイルマット など
・トイレトレイ…クリアレット ラージ
・餌&水皿…TRIXIE ドッグバー 1.8L
 餌
・主食…フレッシュファクトリー 丹波産鹿肉ドッグフード、ロータス(各種)、K9ナチュラル フリーズドライ(各種)、
     シェイカー PUR缶詰(各種)、プレイアーデン ジーベン デリカテッセン(各種)
・副食…鹿の匠 丹波(各種)、フィールドエイト(各種)、シェイカー PURドッグトレイナーズ(各種)、
     ニューヨークボンボーン(各種)、フルーツ・野菜(各種) 、CoQ10、アセチル L-カルニチン、タウリンなど

次の月
前の月


2020年2月23日(日祝)
皆で山散歩
ムートン&ロン、オードリー&漣&小太郎、パリス、途中からくろすけも合流して、皆で山散歩へ。
3連休の中日とあってハイカーとも多く往き会った。
今日のハイライトは小太郎とロンのがっぷり四つ!
老若男女、皆元気に、過ごしやすい陽気の下、のんびり楽しく2時間弱歩いてきた。

みやたんの家から山に入る

パリスとワンプロしながら歩く

広場で走り回る

小太郎とロンのがっぷり四つ

くろすけ登場

「みんな凄いな…」

服がびしょびしょになり裸ん坊

2020年2月22日(土)
心臓の検査
これでも少しは大人になってきたのか、最近は道で人や犬に出会っても、特に好きな対象でない場合は愛想なしでクールにやり過ごすことが多い。

午後は心臓の検査のため、動物病院へ。
採血、レントゲン、心電図、心エコーと、おとなしく良い子で済ませてきた。
私と妻が付き添った今日は大丈夫だったが、前回の検査では預けてきたので、特に心電図の時なんかじっとせずに動き回って大変だったらしい(笑)。
先生たちの飼い犬、ウタリとつぶらにもご挨拶。
結果は1週間後、問題ないといいなあ。

「診察室入りたいなあ」

診察台の上でちーん

ウタリと

つぶらと

2020年2月19日(水)
山歩きからのショールーム
いざ出発

午後、仲良しのパリス、ムートン&ロンと山散歩。
そらみは本当にパリスとのワンプロが大好きで、山歩き中でも随時入れ込んでくる。
さすがレトリーヴァー、パリスはこの季節にも拘わらず川にダイヴ!
しかも岸に上れないから私がずぶ濡れになったではないか(苦笑)。
そしてムートンとロンは年齢をまったく感じさせない軽やかな動きで、終始元気だった!

パリスがまさかのダイヴ!

どこでもプレイバウ

みんなで展望スポットへ

ここでもワンプロ

山から戻ってきた後、カークスのショールームに皆でお邪魔し、さらに一暴れ…!
お二人は試供品もたくさんもらってご満悦だった。

ショールームでもワンプロ

大暴れ

なんやパリス?

皆さま、ありがとうございました!

2020年2月18日(火)
28kg台
朝は、シロボンの口の周りに付いたバナナを丹念に舐めとり、夜は父ちゃんとプロレスしてから満足してひと眠り。

シロボンの口の周りにバナナが残る

丹念に舐めとり

ぬいぐるみ引っ張りっこからのプロレス

満足してひと眠り

就寝前に量った体重は28.3kg。
久しぶりに28kg台に乗ったかも。
ヒートは出血もそろそろ終わりかけだが、匂いから類推するに今がちょうど繁殖可能日あたりかな…。

2020年2月16日(日)
雨の日曜日
朝から雨で外に出られず、リヴィングでプロレスをしてお茶を濁す。
その後、私はバイクのローラートレーニングをし、その時にまだ遊び足りなかったそらみがトコトコとやってきたのだが、チラリと見て「なんだ父ちゃん自転車か…」と独り言ちたように、トボトボと帰っていったのがなかなかいじらしいというかなんというか。

「もっとプロレスしようや」

夕方、一瞬上がりかけた間に少しだけ散歩に出たが、風が異様に強かった。

少しだけ散歩に行けてよかった

2020年2月15日(土)
冬の藪漕ぎは最高
くろすけとワンプロ

道端で出くわしたくろすけとワンプロを嗜んだ後、山へ入った。
よく行く近所の山も、トレイルを外れて獣の踏み跡だけがわずかに残るような藪に分け入ると、一気に景色が変わってまた楽しくなる。
でも、藪漕ぎは葉が茂りクモの巣がそこかしこに張られる季節はちょっと厳しく、快適に探検するならもっぱら冬に限る。

道なき道を行く

犬用シングルトラック?

ジャングルのように繁茂するシダ

登る?

ゾンビあたりの岩かな?

ダイヴィングドームの上で

佇む

陰部の腫れはだいぶ収まってきたので、ヒート期も終盤かとは思うが、まだ血は鮮やかな赤いものが出ている。

2020年2月10日(月)
改めて診察
改めて、右前脚を見せに動物病院へ。

診察室に入りたがる

いざ、診察の段になるとなかなか症状を見せず、先生に現認はしてもらえなかった。
寝起きが一番顕著なので、動画でも撮っていくべきだった、痛恨。
しかし、触診の結果、骨には変形等ないので、少なくとも骨肉腫ではないとのこと。

「なんのポーズ?」

診察室ではとてもおとなしい

他の可能性や見立ての説明を懇切丁寧にしてくれるし、またそれに付随する事情も詳細に聞いてくれる。
決して流れ作業のような診察はしないし、薬の処方も本当に必要な時以外はしない。
知識や経験が豊富で、引き出しをたくさんお持ちだということも会話をしているとよく分かり、「ホンマかな…?」とか「そんな簡単に判断して大丈夫…?」とこちらが感じるような診察、診断は絶対に行わない。
K院長もT先生も本当に頼りになる獣医師だ。
これからもよろしくお願いします。

2020年2月9日(日)
夜の夙川散歩
未明、起き出して下痢便を3度ほど。
大体1日おきにこれがやってくる。

数日前からなんだか右前脚を気にして庇うような素振りを見せることが度々あって、足裏の傷のせいかな、と思っていたのだが、どうやらじっと観察しているとそうでもないらいい。
外傷や山歩きに端を発する筋腱のトラブルなら日にち薬で治るだろうからいいが、万一、骨や内臓等に関連する疾患だったらまずいので、夕方病院に連れていくことに。
が、着いたら開いておらず、そうだ、日曜は午前診のみだった…無駄なドライヴを強いてすまんかった。
せっかくここまで来たので、夜の夙川を少し歩いて、いくらかでも溜飲を下げといた。

Uさんに頂いたコートを着せて

2020年2月7日(金)
今がピークか?
どうやら出血量はピークに差し掛かっているような感じで、午後の散歩では5回ほど下痢便もしたらしい。
その他の体調は変わらず良好で、食欲も旺盛。
夜量った体重は28kgちょうど。

2020年2月6日(木)
皆で甲山頂へ
サンちゃんの形見のジャケットを着て

昼、まもる、ロキ&アル、アリス、オードリー、ロイ及びお付きの人間たちと甲山頂へ。
寒かったのでサンちゃんの形見分けで頂いたジャケットを着せて。
でも天気は良かったし、皆でワイワイと楽しく山歩きができ、人犬ともに素晴らしいひと時となった。
皆さん、ありがとうございました。

森林公園の自由広場でひと遊び

山頂にて

自然学習館の前で集合写真

2020年2月5日(水)
初めての藪へ
午後、テオと出会い少し遊んでから、山に入って藪漕ぎ。
今日は初めての藪にも突撃し、途中、そらみを持ち上げないと進めない岩場など通りつつ、2人とも葉っぱまみれのズタボロになりながら、2時間10分を超える大冒険だった。

テオと

おすまし

仏の前でジャンプ

甲山と市街を背に

隘路を通る

九想の滝で

初めての藪で奮闘

上れるかな?

そらみを置いてちょっと偵察中

2020年2月3日(月)
ヒートと判断
出血は続き、陰部も目に見えて大きくなってくるなど、やはり諸々の様子から鑑みるにヒートが来たのは間違いなさそうで、デイケア通園はストップ。
調子に波はあるが、便も緩めなのは相変わらず。
今朝は未明に2度ほど軽い嘔吐もした。
元気はあるし食欲も問題ないんだけど。

2020年2月1日(土)
2時間半の町歩き
昼、排便前だが体重を量ったら28.3kg。

リラックス

これは酷い

今日の午後は2時間半のロングウォーク。
公園をいくつも回りながら新甲陽、東山町の方まで下りていった。

空き地で遊ぶ

いつも車でしか通らない道を歩く

階下を眺める

いつもの川も 小さ過ぎて見つけにくい

累積標高約250m、8km近くも歩いたのに、最後に家の近くでオリーブ&ライムに出会ってハイテンションのハチャメチャ!
元気やな〜。

ワルワル3人娘

今日は一番悪かったライム 頭にひっつき虫だらけ

いつも天真爛漫なオリーブ





戻る

表紙