海洋空間ドーベルマン日誌


2018年9月18日時点
空水 - そらみ
・ドーベルマン ♀ 2018.1.20 生
 設備
・サークル…アルミ製 W2400×D1250×H1200
・クレート…バリケンネル P-500(サークルとリヴィングに各1個)、アトラス カー 100(車載)
・マット…ビスコ スタイルマット など
・トイレトレイ…クリアレット ラージ
・餌&水皿…TRIXIE ドッグバー 1.8L
 餌
・主食…K9ナチュラル(ラムフィースト、ビーフフィースト)、オリジン パピーラージ、シェイカー PUR缶詰(各種)、
     ジウィ 缶詰(各種)、ペットカインド 缶詰(各種)
・補食…鹿の内臓ミックス、ミッシングリンク、甘酒、蓬龍宝 など
・おやつ…鹿の匠 丹波(各種)、ジウィ エアドライ(各種)、ホワイトフォックス フリーズドライ(各種)、オリジン ワイルドボア、
      バナナ、キュウリ、ニンジン、トマト など

次の月
前の月


2018年9月18日(火)
25kg目前
今夜の体重は24.8kg。
25kgまであと少し。

そらみと秋のキノコ

2018年9月17日(月祝)
イノシシと遭遇
夕方、山を歩いていたら久々にイノシシに出くわした。
危険度が高い親子連れや巨大なオスじゃなく、比較的小型の若い個体で、向こうが逃げてくれたので助かったが、一瞬肝を冷やした。
山に入って少し経った時に「なんか今日はそらみのテンションが高いな〜」と思ってた矢先に遭遇したから、そらみはちゃんとその気配を察知していたみたいだ。
そして向こうが山の奥に姿を消すと、その後をダダダっと勢いよく追いかけていったが、あれは攻撃を仕掛けにいった狩猟本能的なものではなく、無邪気に「遊ぼ〜!」と突進していっただけのように思う…。

獣の気配に反応した

おなじみシュピーゲルくんとお初のマックくん

2018年9月16日(日)
犬と話をできるようにならなければ
この時期、5時過ぎはまだ暗い

斜面で遊ぶ

このところ散歩中の寄り道が激しい。
草むらなどの匂い取りだけじゃなく、連れて行こうとしているのとは別の道に突進したり、人の家の敷地に入ろうとしたり。
挙句の果てには、どっちにも進もうとせず道路の真ん中に座り込んで動かないことも!
彼女なりに何か言いたいこと、伝えたいことがあるのだろうが、そこまではまだ今の私には分からない…。
さらに、散歩中にお友達を見つけて「遊ぼ〜!」と突進している時は、呼び戻しのコマンドなどもまったく耳に届かなくなるし。
思い通りに動かないそらみに苛立つのではなく、強固な信頼と乱れぬ呼吸を築くことができていない我が身を省みなければ。

何を考えているのだい?

2018年9月14日(金)
1時間半が標準に?
サークル内のトイレトレイを外す粗相から始まった本日、どうも朝からそらみとのリズムが何となく合わなかったが、夕方の散歩に行く頃にはいつものようにテンポが出てきた。

今朝はリズムが合わんかったな〜

栗のイガと格闘

昨日に引き続き、今朝の散歩も、そして夕方も1時間半オーヴァー。
この長さがデフォルトになってきつつあるぞ…。
今はまだいいけど、冬になって朝の出発時間が遅くなったら仕事に間に合わないのでは…。

ジューンベリーの葉を狙う ええスタイルになってきた

耳の後ろの毛には茶色が混じる

歩いている時、改めてそらみの足に注目してみると、路面の状態に合わせて指をしなやかに動かして対応しているのがよく分かる。
肉球の部分が大きく開いたり、あるいはキュッとすぼまったり。
人間も本来はやっぱり裸足でこのように歩ければ理想的なのだろう。
獣の体の使い方を見ていると、何某か参考になるところがある。

滑り台を下る

2018年9月13日(木)
行動範囲拡大
最近は散歩の時に、これまでほとんど行ったことのない道へと歩を進めたがることが多くなった。
"すて犬だんご"を食べたのび太が家に帰れなく「ドラえもん」の『家がだんだん遠くなる』を思い出したぞ。
おかげで出歩くコースのレパートリーは増えているが、僅か5か月ほど前に散歩をし始めた当初はなかなか歩きたがらず、隙あらば家に帰ろうとしていたのが嘘みたいだ…。

手つかずの山と言ってもいい? 公園にやってきた

楽しいか?

落ちるなよ〜

これも成長の証なのか、ここ数日、私が会社に行く時に玄関まで見送りに来なくなった。
2階にあるリヴィングのソファでふんぞり返っていても平気になったようだ。
少し寂しいのう…。

2018年9月11日(火)
急成長期終了?
今日の体重は24.0kg。
かなり成長スピードはゆっくりになったが、初めて24kgに乗った。

ちょっとずつ大きくなってます

昨朝はいつものように散歩に行こうと準備をすべて整えてドアを開けたら、結構本降りの雨。
まあいいかと出掛けようとしたが、どうもそらみの足が重い。
試しに「引き返すか?」と再び玄関ドアの方に向かったら、ホイホイと嬉しそうに歩いて家に入っていった…。

2018年9月8日(土)
初の一泊旅行
昨日今日と、丹波の「キャンプリゾート森のひととき」へ妻と義母と一緒に、そらみにとって初めての泊まり旅に行ってきた。
道中、宿泊先でも粗相などすることなく、とても元気で楽しそうに過ごしてくれて何よりだった。
向こうでは、うちの周辺とはまたスケールの違う自然環境に囲まれて、テンション高めで遊び回っていた。
ただ食欲は普段家にいる時より若干弱めだった。
あとは、私が風呂などで姿を消した時の狼狽ぶりがなかなかだったようで、相変わらず依存度が高いという問題が露に…。

ドッグラン付きのレイクロッジ

キャンプ場の真ん中を流れる川で遊ぶ

フリーサイトで

いつもの戯れ

早朝の散歩

もうすぐ帰るよ

川べりとか公園とか、そらみは土や泥や砂の地面を見ると大抵ガリガリと前脚で掘り進んで時に何かを喰おうとしたりするので、それはちょっと参る。

2018年9月6日(木)
義母来たる
義母が遊びにやってきたが、当初そらみは警戒モードで、ワンワンと犬のように吠えたり。
以前に一度会っているのだが、成長がこんな面にも表れている。
きちんと紹介して時間を少し置いたら、もう仲良しになった。

2018年9月5日(水)
台風一過
台風で立て込んだ業務を終え、2時間半掛けて何とか家に辿り着いたら、まだ停電が続いていたが、そらみも元気そうで良かった。

ライトでお出迎え

今朝は台風の爪痕残る山をパトロールしてきた。
人間は一歩踏み出すのも苦労する道なき山中の上りでも、そらみは四駆でガッチリ地面を掴んで力強くスイスイとスピーディーに上っていく。
さすが獣。
アスファルトの上りは遅いけど…。

台風一過の山に来ました

山の上りはお手の物

倒木横のトレイルを駆ける

2018年9月3日(月)
重だる
何がどうと誰が見ても明らかな形ではないが、朝の散歩の時から微妙に元気がなく、体が少し重だるそうな感じだった。
思い至る可能性としてはおそらく一昨日喰わせたノミ・ダニ・フィラリア予防の混合薬。
以前、耳の裏にダニが付いたこともあって、一度は思い直してノミ・ダニ予防の薬を喰わせることに翻意したが、やはり皮膚に付いた虫を殺すような効果が1か月も続く薬剤が体内を回っているというのは、どう考えても体にいくばくかの負担と負荷を与える。
来月からはもう一度方針を戻し、フィラリア予防薬は使うとして、ノミとダニは日々のケアで何とか対応していこう。

仲良く? 一緒にニンジンを食べる

幼稚園の日だったが、帰ってきた連絡帳を見る限り、元気いっぱいだったようなので良かった。

力が強く活発な犬なので、日々の運動で体力を使わせることはもちろん重要だが、精神面で知的欲求や好奇心を満たすことも同じぐらい重要だと改めて思う。
自分でよく考えるし、人間の子供に例えると「なんで? どうして?」と常に親に疑問を投げ掛けるようなところがあるので、それに応えてあげることはとても大切だ。

2018年9月2日(日)
初歯ブラシ
初めてとなる歯ブラシ。
これまでも歯周病予防のスプレーはしていたが、直接汚れを取り除くのに勝る手法はないはずなので、本来ならばもっと早くから始めておくべきだった。

初めての歯ブラシ体験

2018年9月1日(土)
鼻を使う
最近、散歩時の匂い取りが激しい。
お前は警察犬か、というぐらいに鼻を使ってクンクンとどこまでも辿っていきそうな勢い。
ノーズワークとか向いてるのかな?

今朝は初めての公園まで足を延ばした

この1週間ほど、体重は23kg台で行ったり来たりしており、グンと増えることはなくなった。
暑さのせいでカロリー不足になっていないかな…。
単体のフードじゃなくて色々ミックスしてあげてるので、総量の調整がなかなか難しい。
ウンチは常にちょいユルだしなあ。

クレートの中でおやつが出てくるのを待つ





戻る

表紙