2017年7月23日(日)

ドロドロ山行

今日は社家郷山へアタック。
樫ヶ峰から尾根を縦走して、途中から宝塚のゆずり葉台に下り、そこから再び樫ヶ峰まで上り返して、下りはキレットルートで西宮側へ。
補給休憩も挟み、約3時間45分。
山ランというより、最早ほぼハイキングのようなペースがいっぱいいっぱいだった。

ゆずり葉台方面を望む

そして何より酷かったのはヤブ蚊集団の襲撃。
四肢を刺されるぐらいなら気にならないが、目や鼻や口に入ってくるのだけは本当にやめてほしい。
トレイルをロストし、立ち止まってルートを探している時などは格好の餌食となってしまい、気が狂いそうになった。

ヤブ蚊に襲われた脚


♪ Carnival - Tori Amos


2017年7月22日(土)

「カーズ3」じゃないんだね

昼間、ローラーでバイクを1時間弱漕いだところ、本当に吐き気を催したぐらいクラクラに熱せられた。
エアコン20℃設定で部屋を冷やし、扇風機の直撃を受けてもこうなるとは、恐るべし酷暑よ。

気を取り直して、夕方は映画「カーズ/クロスロード」を観に行った。
なんで原題通り「カーズ3」にしなかったんだろう?
前作からもう6年も経つのか。
オリジナルから数えれば早11年、そらマックイーンも年取るはずだ。
というのが今作のメインテーマでもあったりする。
「カーズ2」はちょっとストーリーが異色で、あまりピクサーっぽくない出来に正直、大きな感銘は受けなかった記憶があるけど、今回はしっかり路線を原点に戻し、再び王道を歩んだ印象。
そして王道でありながらも、安易にオーディエンスの予測通りに展開するようなことは決してなく、その塩梅がちょうどいい。
とても満足した。
マックイーンとクルーズの直前特訓の仕上げの場面で、何となくクライマックスの流れは予感でき得るけれども、そのあたりの伏線も上手く効いている。
また、このシリーズは作中音楽もいい。
「カーズ」のSheryl Crow然り、今作のラストに流れるZZ Wardもバッチリハマっている。
日本版エンディングテーマの奥田民生は、"らしく"なくかなりオーヴァープロデュース気味だったのでビックリしたけど。


♪ Ride - ZZ Ward featuring Gary Clark JR


2017年7月16日(日)

旧奈良監獄見学会

旧奈良監獄見学会に行ってきた。
混雑はもちろん予想していたが、その想定を遥かに超える人たちが押し寄せており、なんと驚愕の1時間半待ちでようやく敷地内へと足を踏み入れることができた。
気候も炎天下でなかなか厳しかった。
ここまでとは奈良市も思っていなかっただろう、ちょっとしたパニックぶりが伝わってきた。
せめて無料じゃなく、いくばくかでもお金を取る仕組みにしていれば、色々な面でメリットがあったような気もするが...。

それはともかく、建物や施設は実に見応えがあり、非常にいい経験だった。
いわゆる明治の五大監獄の1つであり、当時の和風建築とは一線を画する、赤レンガを基調とした意匠はかなりの迫力がある。
無骨でありながら繊細さも備え、そして昨年度まで実際に少年刑務所として使われていたというリアリティーが残存瘴気としてまだ辺りに漂っているような気がして、禍々しさのような威容も感じる。
すぐそこの空でつながっていながら、塀一枚を隔てた向こう側は決して超えられない別世界...、という感覚はどんなものなのか...、幸い今に至るまでその境遇を味わわずに済んでいるが、思わず想像を膨らまさずにはいられなかった。
ホテルが完成したらぜひ泊まってみたいと思う。

奈良監獄の入口監視台からはすべての通路が見通せ、また上下フロアも丸見えになっている独房鉄格子の向こうには民家が見える風呂精神に問題がある受刑者をここに入れたという迫りくる壁ちょっと物騒な大学のキャンパスと言えなくもない...いややっぱり言えないか

せっかく奈良まで来たのでついでにいくつか回って遊んでいこうか、とも考えていたが、予想外に時間を喰ってしまってすでに夕方に差し掛かったので、本日はこれにて帰宮。
植村牧場の牛乳とソフトクリームは美味しかった。


♪ The Best Of Both Worlds - R. Kelly & Jay-Z


2017年7月15日(土)

酷暑の季節到来

リクガメケージの床材交換、魚の水槽掃除に水換えと、生き物の世話をしてから、車検に出していた車を引き取りに。
13年経ってすっかり足回りがヘタり、僅かな段差や傾斜でも車体下部を擦るようになってしまっていたので、今回は前後のサスペンション交換という大手術を敢行。
他にも消耗部品の交換等多く、ちょっと笑えない金額になってしまったのだが、それでもまだ先送りにしたメンテナンス作業がいくつも残っており、甚だ恐ろしい...。

夕刻、山へ走りに。
17時を過ぎてもまだまだ暑い。
甲山のてっぺんに大きなヤマモモの木があり、そこで一休みを兼ねて果実をいくつか補給したら、甘酸っぱい果汁が総身に沁みた。

甲山頂山頂のヤマモモエイド


♪ Fish - Bonnie Pink


2017年7月 9日(日)

徒手

今日はピラティスセッションの日だったが、諸事情によりいつもお世話になっている人とは別のトレーナーにやっていただく。
その方はピラティスの他に、徒手理学療法というバックボーンもお持ちで、今回のセッションはその手技の施しにほぼ終始した。
自分で体を動かすことはなく、例えば体幹部の筋肉疲労などは皆無だったが、ただ手技を受けているだけでも好転反応というか、その部位が応えているのはよく分かる。
何より個々の体をしっかり観察、分析し、その上で最適なメソッドを施してくれるので、受けている体が無意識のうちに歓迎しているのも分かる。
いつものYちゃんも私にとっては素晴らしいトレーナーだが、たまにはこうしてまったく異なるアプローチを持った別の人のセッションを受けるのもとても意義がある。

帰宅後、45分ほどだがバイク練習をしてみたところ、いつもと同じ感覚の強度で回しているつもりでも、10Wほど出力が増していた。
もちろん今日のセッションだけが理由ではないだろうが、バランスがより整ったのは間違いがないようだ。

車検につき、今日から1週間ほど車を預ける。
代車は前期型のアルファ156 V6。

代車

前にもこれ借りたことあったかな?
いつも乗っている2リッターのJTSよりもちろん単純なパワーやトルクは上だが、ATのせいもあるのか、やはり重く感じる、レスポンスも含めて。


♪ I'm A Man - The Yardbirds