海洋空間佳本


TENGU TENGU」★★★★☆
柴田哲孝
双葉社

2020.3.2 記
奇しくも京極夏彦氏の「天狗」の後に本書を読んだが、こちらの方がより興味を持って読了できたことは事実。
タッチはハードボイルドテイストで、一見、横山秀夫氏風のミステリー…? と思いきや、クライマックスに差し掛かると大転回し、一歩間違えばトンデモ本という際々を攻めるではないか。
ラストはちょっとやり過ぎの感も否めないが、個人的には嫌いな冒険ではない。
この著者は以前、ノンフィクションを一冊読んだ時に結構残念な感想を持った印象が強いが、本作は娯楽小説として充分楽しめた。

一点、警察庁と書くべきところを警視庁としている明らかな誤記が見受けられたのは、単行本から文庫化されている作品であり、さらに今回が復刻版であることも鑑みるといただけない。





戻る

表紙